教育について

「愛・和・自由」の精神

当園の教育方針は「中国とのピンポン外交」で有名な創立者後藤鉀二先生(故人)の、中学・高校・大学の創設やスポーツ振興先駆者としての豊かな教育経験から生み出された考え、「愛・和・自由」の精神にもとづいています。

おおらかな子どもらしさをもち、丈夫な身体と正しい知性、豊かな情操を合わせ持つ、明日の日本を担う「芯のある子ども」を育てることです。

人間は6歳までの育て方が最も重要で、人としての基礎や基本はこの時期に育まれます。子どもの個性は放っておいて育つわけではなく、愛情をもって導いてあげることで花開きます。

教育の特色

丈夫な身体になるように薄着を奨励。

きめ細かな保育で、あいさつや手洗い・うがいの励行、体操着や服の着替えの練習、 衣服のたたみ方など、日常の基本的なしつけを行っています。

豊かな感性・情操を育むために、週1回、外来講師による音楽・絵画・造形・体育の特別保育を行っています。

秋の遠足の他に、スクールバスで出かける園外保育を行っています。

お弁当は、月~金曜日の週5日、愛情のこもった手作りでお願いしています。ご希望の方にはお取り次ぎします。

月:パン&牛乳 火~金:ランチボックス&牛乳
幼児心理相談室、課外教室(英語教室/体育教室/造形教室)なども開催。

園について

設立

昭和41年

理事長・園長

 後藤泰之(工学博士/愛知工業大学学長)
後藤泰之(工学博士/愛知工業大学学長)

設置組構成

年少組(3歳児)、年中組(4歳児)、年長組(5歳児)、各3クラス

主な施設

3歳児・4歳児・5歳児各保育室、遊戯室、各種遊戯施設・遊具、園庭他

立地環境

植田川沿いの閑静な住宅地に立地

所在地

〒465-0082
名古屋市名東区神里二丁目168番地

TEL

052-701-4550
052-701-5644

FAX

052-701-8391

沿革

昭和41年4月

創立者後藤鉀二先生が学校法人愛和学園と共にあいわ幼稚園を設立し開園。
初代の学園理事長及び園長となる。

昭和44年10月

園舎の増改築竣工。

昭和47年1月

学園理事長、後藤淳(愛知工業大学学長)、園長、林秀夫(同大事務局長)。

昭和47年2月

3歳児・4歳児・5歳児各保育室、遊戯室、各種遊戯施設・遊具、園庭他

昭和51年11月

学園創立10周年。

昭和58年7月

学園理事長、林秀夫(愛知工業大学事務局長)、園長、大根義男(同大学教授)。

昭和61年5月

学園理事長、後藤淳(愛知工業大学学長)。

昭和61年11月

学園創立20周年。

平成5年3月

園舎新築竣工。

平成8年11月

学園創立30周年。

平成11年4月

学園理事長、後藤泰之(愛知工業大学教授)。

平成12年4月

園長、後藤泰之(愛知工業大学教授)。

平成16年4月

園長、後藤泰之(愛知工業大学学長)。

平成19年11月

園庭拡張竣工。

平成28年4月

学園創立50周年。

創立者 後藤鉀二先生創立者 後藤鉀二先生